>  > ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■
ヴァーテックワン アインス1 1本販売 ホイール N-BOX【14×4.5J 4-100 INSET45】JF系 MANARAY SPORT VERTEC ONE Eins.1 マナレイスポーツ MiD アルミホイール 1枚 単品【店頭受取対応商品】 【HURRICANE】【ハリケーン】【バイク用】【ロンホイ】ロングホイールベースkit MAJESTY マジェスティー250/C 00-06 5GM 5SJ HF1017M-01【送料無料】 LEONIS VT/レオニスVT スバル フォレスター SK# アルミホイール 4本 【20×8.5J 5-114.3 INSET52 BMCMC】 LEONIS VT/レオニスVT ホンダ CR-V RT/RW アルミホイール 4本 【20×8.5J 5-114.3 INSET52 BMCMC】 15インチデミオDE系 16インチ装着車HOT STUFF クロススピード プレミアムRS-10 ピアノブラック/サイドマシニング 5.5Jx15ヨコハマ エコス ES31 185/55R15 カードでポイント最大34倍 3/21(木)20:00~3/26(火)1:59迄 TOYOTIRES トーヨー プロクセス CF2 PROXES サマータイヤ 205/45R17 WEDS ウェッズ Leonis レオニス MX ホイールセット 4本 17インチ 17 X 6.5 +50 4穴 100 【エントリーでポイント5倍】215/45R17 91W TOYO TIRES トーヨー タイヤ PROXES C1S プロクセス C1S RIVAZZA CORSE リヴァッツァ コルセ サマータイヤホイール4本セット

ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■

右のクラス図のように、Recoed2クラスを継承したRecord3のクラスがあるとします。

つまり、Recoed2クラスを継承したRecord3があります。

Record2がRecord3のスーパークラスです。

(Record3はRecord2のサブクラスです。)




あるクラスの変数があるとすると、 それでそのクラスのサブクラスオブジェクトも管理(参照)できる規則になっています。

例えば Record2の変数に、Record2のサブクラスであるRecord

フォーミュラ700C ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■ ■アクレブレーキパッド ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド

3のオブジェクトを 参照させることが可能というわけです。
以下にその例と実行結果を示します。

import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2 a, b;
a = new Record2("A01", 10);
b = new Record3("B02", 20, 200);
a.display(1);
b.display(2);
}
}
D:\java>java Test 
 1番目レコード
 商品コード:A01
 数量:10
 2番目レコード
 商品コード:B02
 数量:20
 単価:200
D:\\java>

a.display(1);実行は、a の参照しているオブジェクトがRecord2で、 Record2クラスのdisplayメソッドが呼び出されています。
そして、

ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■
MITSUBISHI エクリプス H7.6~ D32A Lo 【JAFIRST TURBO LED 2灯】 HB4 6000K 車検適合 大光量 長寿命 一年保証! アメリカ・Cree社製 新時代 超高輝度ヘッドライト!!【送料無料】 205/55R16 16インチ KOSEI コーセイ プラウザー リンクスBC 6.5J 6.50-16 DUNLOP ダンロップ ルマン V(ファイブ) サマータイヤ ホイール4本セット フジコーポレーション.NISSAN (日産) 純正部品 ストラツト キツト フロント サスペンシヨン RH モコ 品番54302-4A00D,◎BMW Z4 /E89◎ドリンク&ポケットホルダー◎ブラック/

ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■

b.display(2);実行は、b の参照しているオブジェクトがRecord3で、 変数の型がRecord2であっても、 Record3クラスのdisplayメソッドが呼び出されていることに注目ください。
つまり、参照しているオブジェクトの内容によって、自動的にメソッドが選ばれて実行しています。
このように 参照しているオブジェクトよって 【ゼログラビティ】 (受注発注品)スクリーン ダブルバブル スモーク(GSXR1100 95-98) 【1613202】、呼び出し操作(メソッド)が定まる特性をポリモーフィズム(Polymorphism 日本訳⇒多態性、多相性、多様性)とよばれます。
そして、 このポリモーフィズムを実現するためには、スーパークラスとサブクラス間において、 同じ名で、同じ種類で同じ数の引数のメソッドが必要です。
サブクラスにおいて、このメソッドはオーバーライド(override)されたメソッドと呼びます。
つまりオーバーライドとは、 スーパークラスで定義されたメソッドをサブクラスで定義し直す(上書きする)ことです。
上記Record3クラスでは、display(int n)がオーバーライドしたメソッドになります。

では 200 ハイエース テールライト【ステラファイブ】ハイエース 200系 136 FULL LED スタンダードモデル レッド/スモーク、initメソッドはどうでしょうか? Record3で、単価用引数を追加して3つの引数にしたinitメソッドを オーバーロードしていますが、もともとあった引数2つのinitをオーバーライドしてはいません。
Record2の型の a や b は、Record2にある引数が2つの init を実行できます。
しかしRecord2の型の b は、参照しているのがRecord3のオブジェクトであっても 引数が3つinitメソッドは使えません。(オーバーロードされたメソッドでもありません)
次のようなコンパイルエラーになります。

b.init("B02", 20, 200)でエラーの指摘があって こそのコンパイラ言語です。
bは、変数宣言よりRecoed2のクラスであり、引数が3つあるメソッドを持っていないので、 間違った使い方をしています。 この間違いを指摘している訳で、 これが可能になってしまうと、コンパイラ言語としての利便性が失われます。
(型宣言をしない言語で、オーバーロードしなくてもこのようなポリモーフィズムを 可能とする言語もあります。例⇒VbScriptなど)
Java言語は変数を宣言する時に、型を明確にする言語なので、その型に存在しないメソッドを、 直接実行させることがでないというわけです。
ですが、そのメソッドが存在する型の変数に参照(管理)し直せば可能になります。
上記のb.init("B02", 20, 200)を次のように直せば可能になります。
     Record3 r = (Record3) b;
     r.init("B02", 20, 200);
上記では 、(Record3)でキャストして、変数rに、代入(参照設定)し、そのrでメソッドを実行しています。 また プロジェクトミュー COMP-B for GYMKHANA ブレーキパッド リア トヨタ RAV4 L/J、少し式が長くなりますが、優先順位を理解できれば、次のような1行で書くこともできます。
     ((Record3) b).init("B02", 20, 200);

( )のカッコがない (Record3) b.init("B02", 20, 200); では、 b.init("B02", 20, 200); の処理が先行して オデッセイ【RB4】【4WD】【08~13】【適合詳細要確認】イデアル【トゥルーヴァ車高調整キット】【smtb-TD】【saitama】、それに対してキャスト演算する指示表現で、正しいない表現となります。

ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] 630VS-98L ■アクレブレーキパッド エンケイ フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■

あるクラスの変数があるとすると ●送料無料●(離島等除く)●レアル●ハイエース 200系 4型 ● 2013年12月~ ● ステアリングホイール [カラー] 小径 ピアノブラック レッドステッチ ハイエース、それでそのクラスのサブクラスオブジェクトも管理(参照)できる規則を上記で説明しました。
しかしその逆に、あるスーパークラスのオブジェクトを、 そのサブクラスの変数に管理(参照)させることはできません。以下でそのコンパイルエラーの例を示します。

import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2 a, b;
a = new Record2();
b = new Record3();
a.init("A01", 10);
b.init("B02", 20, 200);//コンパイルエラー
a.display(1);
b.display(1);
}
}
D:\java>javac Test.java 
Test.java:12: シンボルを見つけられません。
シンボル: メソッド init(java.lang.String,int,int)
場所 : rec.Record2 の クラス
 b.init("B02", 20, 200);
 ^
エラー 1 個
D:\\java>

上記のa = new Record2();は、無理やりキャストして、 a = (Record3)new Record2();と書くと、 コンパイルエラーを無くすことができます。
しかし、その場合は実行時に次のエラーが発生します。
java.lang.ClassCastException: rec.Record2 cannot be cast to rec.Record3

つまり結局、変数に対して代入できるオブジェクトは、変数と同じクラスか、またはそのサブクラスのオブジェクトしか 代入できないということです。
また、キャスト演算を使っても、この代入可能な型への型変換しかできないということです。

     例

Record2の配列に、Record2とRecord3の要素を混在して管理させている例と、その実行結果を示します。
これを表示するa[i].display(i)の実行は、ポリモーフィズムによって、 対応する表示メソッドが自動的に選択実行されています。
(ポリモーフィズムが使えない言語では、

ムラーノ(11.6~)PNZ51[4WD] ■アクレブレーキパッド フォーミュラ700C リア左右セット■適合詳細要確認■後払い・代引き不可■

、ifで分岐してそれぞれの表示命令を実行させる必要があります)

Record3 a;
a = new Record2();
: 互換性のない型
 a = new Record2();
 ^ 
{yahoojp} {manabu.quu.cc}
import rec.Record2;
import rec.Record3;
public class Test{
public static void main(String[] arg){
Record2[] a = new Record2[]{ 
new Record2("A01", 1),
new Record3("A02", 2, 200),
new Record2("A03", 3),
new Record2("A04", 4),
new Record3("B01", 10,1000),
new Record3("B02", 20,2000),
new Record2("B02", 30),
new Record3("B03", 30,300),
};
// 配列全体を表示
for (int i = 0; i &kt; a.length; i++){
a[i].display(i);
}
}
}

D:\java>java Test 
 0番目レコード
 商品コード:A01
 数量:1
 1番目レコード
 商品コード:A02
 数量:2
 単価:200
 2番目レコード
 商品コード:A03
 数量:3
 3番目レコード
 商品コード:A04
 数量:4
 4番目レコード
 商品コード:B01
 数量:10
 単価:1000
 5番目レコード
 商品コード:B02
 数量:20
 単価:2000
 6番目レコード
 商品コード:B02
 数量:30
 7番目レコード
 商品コード:B03
 数量:30
 単価:300
D:\\java>
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-88379